BLOG

インテリアと生活に関するお役立ちブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 色彩
  4. 【寝室の壁紙】おすすめデザイン・選び方を解説
ベッドルーム 壁紙

【寝室の壁紙】おすすめデザイン・選び方を解説

「寝る時間」というのは1日のうちの1/3も要しますので、リラックスした中でゆっくりと睡眠を取りたいものです。

そのためには寝室の環境を整えることは重要で、特に空間の雰囲気を造る「壁紙」の選び方でもリラックス度が変わってきます。

寝室に行きゆったりと落ち着いて睡眠がとれるよう、自分に合うものを選びましょう。

寝室におすすめな壁紙を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

<参考>

スタンダードな落ち着くカラーはベージュやオフホワイト

白色の壁紙の部屋は多いですが、この白さにも段階があります。

あまりにも真っ白だと、光の反射率が高く落ち着きにくい部屋に感じてしまいます。

白でも少し色みを感じるオフホワイトだと真っ白な時に感じる明るさがなく、寝室にいても落ち着くでしょう。

ベージュは使いやすい色で、夜寝る前に視界に入ってきても明るすぎず暗すぎずで、落ち着きます。

眠りに就くまでもゆったりリラックスした気持ちになり、安心するでしょう。

色が濃い壁紙は、ほかのプライベートな部屋などであれば良いのですが、寝る前に見えてしまうと圧迫感を感じやすいです。

柄なども大胆に大きく描かれているよりは、小さい柄で落ち着ついた色合いのもののほうが安らぎます。

色が入っている壁紙が使いたい!

いくら落ち着きにくいと聞いても、壁紙を見ていておしゃれなショッキングピンクや真っ赤な色を見つけ、どうにか寝室に使いたいという方もいるかもしれません。

壁全体に使ってしまうと落ち着かないのでおすすめしないのですが、もし一部だけアクセントとして使用するのであれば大丈夫です。

本人が好む色は癒され度が高いので、ビビッドな色であっても寝室にコーディネートするのは賛成です。

逆に他の面が無難な色になっているので、見た目もおしゃれになるかもしれません。

広い面に使うよりも、狭い面にアクセントクロスとして使うといいでしょう。

リラックス効果があるグリーンはオススメ

疲れた時に自然に目を向けると、なんだか落ち着いてリラックスできるという方も多いのではないでしょうか。

そこには木々のグリーンが広がっていていますよね。

人はグリーンを見ると、なんだか気持ちが落ち着きホっとします。

寝室全面に色を入れたい時には、奇抜な色よりもグリーンを取り入れたほうが、自然を感じる時のようにゆったりとした気持ちになって睡眠をとることができるでしょう。

ほかにブルーもおすすめです。

ブルーは上質の睡眠が得られる、と言われています。

ただ、寒色系の色なので心理的に寒さを感じさせないよう、分量をおさえてコーディネートするように心がけましょう。

天井の色には気を付けて

例えば、アクセントクロスを天井にと考えたときに、横壁はすべてベージュやオフホワイトにし、天井を奇抜なピンクにしてしまったら、寝る時には落ち着いて寝られないかもしれません…。

街灯などの明かりがわずかに部屋の中に漏れてくる場合、布団に入り天井を見た時にピンクがギラギラと見えてしまう場合も考えられます。

落ち着く、というよりもその明るい色に目が行ってしまって、安眠から遠ざかってしまいます。

特に就寝時は、横の壁紙よりも天井の壁紙が目に入りやすいかもしれません。

アクセントクロスを天井に配したいなら、好きだからといって奇抜な色は避け、少し明度をや彩度を抑えた色の方が良いでしょう。

また、柄物のクロスは完全にNGです。

何か変なものに見えてきてしまい、寝るのが怖くなったという例も聞きます。

天井をおしゃれにしたい気持ちがあっても、あまり冒険しすぎないように注意しましょう。

風水も取り入れてみよう

少しでも運気が良くなったら嬉しいですし、良いと言われている色を壁紙には使いたいものです。

寝室にも風水学上あまり良くないものと、おすすめなものがあります。

原色などの濃い色よりも、淡く心落ち着くような色が良いようです。

ショッキングピンクよりも、サーモンピンクを選んだほうが良いのです。

アイボリー、クリーム、ベージュなども良いと言われていて、スタンダードに選ぶと良いカラーと共通した色が風水上でもおすすめです。

もし何か柄が付いた壁紙を選びたいという時には、花柄を選んでみましょう。

風水でも花がある寝室は良いとされていて、バラなどの大きい柄も良いですし、小花柄だと好きな人やパートナーとの関係性が高まると言われています。

レンガや木目調もおしゃれ!

アクセントクロスとして、レンガや木目調を選んでもおしゃれです。

基本色も茶色系になりますので、柄が付いていても派手で疲れるということはありません。

レンガ調を使うと部屋の雰囲気は一気に外国風になり、おしゃれで落ち着きます。

木目調も個性的でおしゃれな空間を演出してくれ、色も落ち着いているのでゆったりとした気分になれるのではないでしょうか。

機能がある壁紙クロスもオススメ

色でリラックスできるものを選ぶのは重要ですが、機能がある壁紙クロスを選ぶのもおすすめです。

最近の壁紙はデザインだけでなく、機能性も充実していますので、ぜひ自分に合うものを選んでみましょう。

健康を考えている方におすすめなのが、吸放湿機能が付いた壁紙で、眠っている間の湿度をコントロールしてくれます。

湿気が少ない時には壁紙に含んでいる水分を放出してくれて、逆に雨の日などの多い時には吸収してくれるのです。

何も機能が付いていない壁紙を使うよりも、一年中快適で安眠にもつながるのではないでしょうか。

このほかに嫌な臭いをさせないようにしてくれる消臭機能が付いたもの、最近ではマイナスイオンを放ってくれる壁紙まであります。

まとめ

寝室の壁紙を選ぶ時には、ほかの部屋に比べてあまり奇抜なもの、原色などの派手な色ではないものを選びましょう。

オフホワイトやベージュはおすすめですし、グリーンやブルーでリラックス効果を狙ってもいいでしょう。

柄を選ぶ時もはあまり派手すぎないものを選び、花柄や木目調、レンガなどがおすすめです。

最近では色だけでなく機能性が充実した壁紙も増えていて、臭いや湿度を調節してくれるものやマイナスイオンを放ってくれる壁紙があります。

1日の疲れをしっかりと取る空間だからこそ、ゆっくりと落ち着ける壁紙選びをしていきましょう。

関連記事