こだわり

インテリアデザインへのこだわり

インテリアデザイナーとつくる家

幼いころの遊びと言えば、新聞の不動産折り込みチラシで遊ぶ「おうちごっこ」。

家具・カーテン・照明を色紙で小さく切って作り、間取りチラシに貼って室内インテリアを何枚もプランニングしていた。

配色やレイアウトの出来栄えが気になり、都度母親に意見を求めて喜んだり悔しんだり…。

結構真剣な遊びだったと思う。(笑)

 

インテリアデザインに関わるときに大切なものは、カラー・デザイン・テクスチャー。

ファッションでも同じ事が言えて、同時期はまっていた塗り絵遊びも、インテリア性を磨くための遊びだったんじゃないかと、今更振り返って考えてしまう。

12色入りの色鉛筆より24色入りの色鉛筆は必須だったし、24色も其々筆圧を変えてグラデーションを作り、色数を増やして遊んでいた。

塗り絵ノートは、自分好みのデザインの洋服が載っているかを、よく吟味して購入していたように記憶している。

日本の着物より欧米のドレスが絶対で、モデルの女の子の横にお城や宮殿が載っていれば、どのページよりも丁寧に大切に仕上げていた。

こちらも、塗り終わる度に母親に「出来はどうだ」と聞いて、一人反省会して次の作品に臨んでいた。(笑)

 

大人になってそんな記憶もすっかり消えてしまっているのに、就職した先は「色」を扱う某大手印刷会社。

新入社員の社員研修で学んだ一つに「色」があった。

幼いころ感覚だけで色選びをしていたのが、この学びで理論化した。

 

その後、フリーランスのインテリアコーディネーターになった頃には、インテリアの仕事をする傍ら色彩の講師の仕事もいただけるほどになった。

インテリアデザインは「和」より「洋」に引かれていった。

子供の頃の大好きな遊びは、「色」のスペシャリストとして「色彩講師」となり、「デザイン・テクスチャー」は「イギリス建築とインテリア」へと変わった。

 

あの幼いころの遊びが、今仕事としてさせていただいている。

本能的に好きなことを仕事にできてるというのは、本当に幸せなことだなと思う。

自分のデザインする「インテリアと家」に共感してくださる方とご縁ができればうれしい。

こんなインテリアデザイナーと、夢を実現したいと思って下さる方に精一杯お応えようと思う。

 

インテリアデザイナーとつくる作る家、それがこだわり。