株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

お知らせ

続きを読む

Page 2

色温度と睡眠の関係

色温度と睡眠の関係

色温度とは 「光源が発している光の色を数値に置き換えたもの」 です。 単位は K(ケルビン)を用います。 色温度が高くなるほど光の色は青くなります。 例えば同じ炎でも、ガスコンロの炎とろうそくの炎では色が違っており、ガスコンロの炎はろうそくよりも青みが強いですね。 つまり、ガスコンロのほうがろうそくよりも色温度が高い、...
緑色なのに「黒板」

緑色なのに「黒板」

明治時代、アメリカから伝わったブラックボード。 そのまま「黒板」と訳されて、本当に黒色をしていました。 いつから、「緑色の黒板」に変わったのでしょうか? 戦時中、黒色にする塗料の生漆が入手困難になったようです。 他以下のような理由もあげられています。    ・黒は長時間見るのには目が疲れるから  ・黒板(黒)×チョーク...
「好きな色」は「似合う色」とは限らない

「好きな色」は「似合う色」とは限らない

「好きな色」からその方の性格を垣間見ることができます。 例えば… ・赤が好きなら、喜怒哀楽が激しい・行動派・楽天主義 ・黄色が好きなら、好奇心旺盛・人情家・社交的 ・青が好きなら、知的、頑固 ・紫が好きなら、芸術的・個性的・霊感あり などなど… 洋服を選ぶときは、時に「好きな色」に偏りがちですが、 「好きな色」が、必ず...
「白い茄子」があるのをご存知ですか

「白い茄子」があるのをご存知ですか

「茄子紺」と言われる色をご存知ですか? 日本の伝統色で、夏野菜として親しみのある茄子の紫色をさします。 茄子の紫色の色素は、アントシアニンです。 アントシアニンは、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種です。 熱や光に弱く、それによって色が変わりやすいのが特徴です。 茄子を煮たり炒めたりすると変色してしまうのは、その為な...
灯台は何故「白色」なのでしょう?

灯台は何故「白色」なのでしょう?

「灯台」は決まって「白色」。 何故「白色」をしているのでしょうか。 「白色」は色の中でも一番光りを反射する色です。 光が全く遮られることのない海の上では、とても目立って見えやすい色なんです。 また、「空の青」・「山の緑」・「岩の茶」に対して、「灯台の白」はコントラストが効いて映える色でもありますよね。 航行する船が、行...
建具のノブはレバーハンドル?それとも丸ノブ?

建具のノブはレバーハンドル?それとも丸ノブ?

建具(部屋の扉)の取っ手は、使い勝手の良さから考えるとレバーハンドルがおすすめです。 高齢者や子供には、握って回す丸ノブより水平に押し下げて操作できるレバーハンドルの方が、容易にできます。 昔の握り玉はシルバー色で、それが可愛くないから布製やレースの「ノブカバー」などをかぶせて装飾していました。 でもこれ、握力の下がっ...
女子プロ 長与千種さん♪

女子プロ 長与千種さん♪

女性がプロレスをする!! 当時は 「何で〜〜?怖くないの〜?」て思ったてた。 でも、「何故プロレスを選んだのか」 そんなお話を聞かせていただいたら、超感動でした。 もっと早く知っていたら、見る目も変わってたのかな…。 リング上で歌う姿に「カッコいい♡」て思ってたけど、今、目の前で話す千草さんも相当カッコいい^0^ にし...
♪トンボのメガネは水色メガネ♪

♪トンボのメガネは水色メガネ♪

人は、赤、青、緑の光の三原色に対応する遺伝子を持っていて、360nm(短波長)~830nm(長波長)の範囲の色を見ることができます。 簡単に言うと 「七色の虹の範囲で色を識別することができる」 と、いうことです。 それぞれの波長の端には、紫外線・赤外線という電磁波がありますが、それらは見ることができません。 先日の日経...
女子必見!ファンデーションの選び方

女子必見!ファンデーションの選び方

色を大きく分けると、 ・ブルーベースと ・イエローベース に分かれます。 日本人は黄色人種なので、誰もがイエローベースだと思われがちですが、約50%の割合で、ブルーベースの方がおられます。 ファンデーションは、そのベースの色に合わせて選ぶことが大切です。 ブルーベースの肌色をお持ちの方は、ブルーベースのファンデーション...
キッチンの細々した調味料の収納場所

キッチンの細々した調味料の収納場所

調味料は、頻繁に使うコンロ周りの収納がオススメです。 でも、コンロ周りは油汚れが酷い上、ホコリと絡まると掃除が大変ですよね… また、不揃いの容器やラベルなど色のバラつきは、見た目にも煩雑になりがちです。 調味料類は、それら理由から、外に置く収納は向いていません。 これを改善するには、「引き出し収納」が良いですよ。 キッ...
Return Top