BLOG

インテリアと生活に関するお役立ちブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 健康と暮らし
  4. リノベーションの相場費用を解説
リノベーション リフォーム 相場 ローン

リノベーションの相場費用を解説

今の家が古くなってきて使い勝手が悪くなってきたり、新しく中古住宅を購入し新しい暮らしを始める為になど、「リノベーションしたい」と考えている方もおられることでしょう。

おしゃれな自分たちだけの住まいを築きたい場合、費用は一体いくら掛かるのでしょうか。

家は、決して安い買い物ではないので、費用については気になってしまうところです。

こちらでは費用がどのくらい掛かるのかを中心に、リノベーションについて紹介していきます。

リノベーションとは

言葉として「リノベーション」と「リフォーム」という言葉が似ているので、同じように感じてしまっている方もいるかもしれません。

実は、微妙に2者は使い分けられており、基本的に老朽化した建物を新築の状態にすることを「リフォーム」と言い原状回復みたいものを指し、それに対して「リノベーション」は、ただ新築の状態にするだけではなく、ブラスで新たな機能や価値を向上させることを言い現状よりも今の自分たちの生活スタイルに合わせて大規模改修を行うことを指します。

例えば、今は、コロナウイルスが流行しテレワークなど自宅で仕事をする機会が増えていますので、今まではなかった自宅の仕事部屋を新たにつくり、誰にも邪魔されずにテレワークができるスペースを確保するようにリノベーションが可能です。

さらに、子どもが生まれ家族が増えたり、反対に子供が独立し夫婦二人の生活になってしまったときなど、住まう家族の人数で使い勝手の良い部屋割りにしたりと、リノベーションすることで快適な住空間をつくることができます。

このように、今のライフプランに合わせて自由自在にアレンジできるので、リノベーションは大人気です。

リノベーションの費用の相場はいくらくらい?

費用だけで比べると、リフォームに比べてリノベーションは高くなります。

単に新築の状態に戻すだけでなく、新しくアレンジして機能的な住まいを造るので、その分高くなってしまいます。

費用の相場としてよく言われるのは、マンションは1平方メートル10万円台、また、一戸建てであれば60平方メートルで800万円前後かかります。

どのくらいの規模で何を新たに取り入れるのか、他使う材料などでも変わってきますので、この金額よりも遥かに高くなる場合もありますし、安く収めることもできます。

リビングや寝室といった部屋よりも、水回りの洗面・キッチンの方が工事の仕様上、費用は高くなりがちです。

特に一戸建ては増減がある

一戸建ての場合は外壁や屋根などもリノベーションの対象なので、その分マンションよりも費用が掛かりやすく、あれもこれもと考えてしまうと予算が大きく変わってきます。

自分たちの予算の兼ね合いもあると思いますので、「絶対に譲れない箇所」・「予算内に収まりそうだったらやりたい箇所」、などを明確にしておくといいでしょう。

家族で住んでいる場合は、自分の意見だけでなく家族の考えも取り入れていかなければならないので、しっかりと話し合って決めていくようにしましょう。

リノベーションの業者は比較してみよう

ある程度の予算を掛けてリノベーションを行いますので、費用も含めて業者の比較をしてみましょう。

見積額が極端に安いところが良い業者、という訳ではありません。

予算の中でできる限りの要望を入れて、思い通りの住まいにしたいと考えた時、どの業者が良いのかしっかり見極めていきましょう。

腕の良い業者に頼めば、予算を抑えるところは抑え掛けるところには掛けて、おしゃれにリノベーションをしてくれます。

「自分たちが譲れない箇所はどのくらいの予算できるのか」、「他にできれば入れてほしい箇所はどのくらい希望を聞いてもらえるか」など、親身になって相談できる業者を比べてみます。

伝える時には、頭の中で考えていたものをそのまま話してしまうと抜けてしまう場合もありますので、箇条書きでも良いので紙にしっかりとまとめてから伝えましょう。

A社にはすべて伝えたが、B社には抜けている箇所があって、提示された費用に差が出てしまったということのないようにする為です。

予算が具体的に決まっていれば最初にそれを伝えよう

アバウトにこのくらいからこのくらいと決めているよりも、貯金のうちの800万円までしか掛けられないと決まっていれば、そのまま予算は800万円と伝えましょう。

予算があらかじめ決まっているほうが、リノベーションの業者側としてもより具体的に話を進めやすくなります。

その上で、「必ずしたい箇所」、「できればやりたい箇所」を伝えられると、理想の住まいの費用が具体的にわかってきます。

貯金では賄えない時はリフォームローンを組み合わせるのもOK!?

最初は、こんな風にしたいと理想をもっていても、予算が足りないとやりたいことをあきらめなければならないことも出てきて、理想と現実の差にリノベーションに対して後ろ向きになってしまうことがあります。

せっかく素敵な住まいにしようと張り切っていたのに、現実はそうもいかないとわかった時、どうすればよいでしょうか。

その様な場合は、リフォームローンを組み合わせるのも一つの方法です。

審査はありますが、通過すれば足りない分をローンから足して理想的なリノベーションを行えます。

無理なく返済できそうなら上手にローンを活用するのもよいですが、出来れば、貯金の中で工夫を凝らしたリノベーションに臨んでいただきたいと思います。

まとめ

株式会社COLORHOUSEは、西欧インテリアと配色計画を強みにしたデザイン事務所です。

もし、リノベーション計画がCOLORHOUSEの強みと重なるようなら是非弊社までご相談くださいませ。

憧れのイギリス・フランスのインテリアや新築輸入住宅は、ほとんどの方が「高い」という印象をお持ちです。

COLORHOUSEの独自ルートを使う輸入建材や照明・家具・インテリアのお見積もりもご覧いただいて、検討いただけたらと思います。

リノベーション、一緒にワクワクしましょう。

関連記事