株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

女子必見!ファンデーションの選び方

女子必見!ファンデーションの選び方

色を大きく分けると、
・ブルーベースと
・イエローベース
に分かれます。
日本人は黄色人種なので、誰もがイエローベースだと思われがちですが、約50%の割合で、ブルーベースの方がおられます。

ファンデーションは、そのベースの色に合わせて選ぶことが大切です。
ブルーベースの肌色をお持ちの方は、ブルーベースのファンデーションを
イエローベースの肌色をお持ちの方は、イエローベースのファンデーションを選ぶ必要があります。
ブルーベースの方はやや肌色に赤みを感じ、イエローベースの方は黄みを感じます。
わかりにくい方は、以下のような動作を試してみてください。
↓↓

掌に刺激を与えた後、同じように刺激を与えた他人の掌と比べてみる
↓↓
〈結果〉
・掌が赤くなった → ブルーベース  
・掌の色は変わらないor白いor黄色い → イエローベース

ファンデーションのベースの色選択を誤ってしまうと、本来お持ちの肌色にくすみがでて、とても不健康な顔色になってしまいます。

もう1つ大切なポイント、それは
・「明るさ(明度)」です。
自分の肌色は明るいのか暗いのか。つまり、肌白か?肌黒のほうか?を考えてみてください。
それに合わせて、明るい系のファンデーションになるのか、暗い系のファンデーションになるのかに分かれます。

最近の美容部員さんは「パーソナルカラーシステム」をご存知の方が多いです。
「自分の肌色がわからない」
という方は、相談されてはいかがでしょうか。

自分のベースや明度にあったファンデーション選びをすると
白浮きしたお顔や、いかにもファンデーションで隠しました感がなくなり、透明感のある健康的なお肌によみがえります。

肌色の「ベース」と「明るさ」、気にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top