株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

お部屋のカラーコーディネートに困ったらこれを基本に考えてみてください

お部屋のカラーコーディネートに困ったらこれを基本に考えてみてください

自分の好みやインテリアイメージでカラーの方向性が生まれます。
それらを表現出来る色を数色選択しますが、配色を考えていく上で、部屋を3つのパートに分けて検討します。

●ベースカラー(部屋全体の70% 床、壁、天井)
部屋全体の基調となる色で、明るく地味な色(淡色)が適しています。
1色とは限らず、床 壁 天井(計最大3色)と上に行くほど明るい色にすることで、安定感を持ちすっきりとまとまった感じになります。

●メインカラー(部屋全体の25% カーテン、カーペット、他家具)
ベースカラーは少し変化を持たせることができ、それによって個性を出す事ができます。
派手すぎず地味過ぎずの色合いがベターです。
ベースカラーで使用した色と同系色なら、部屋に落ち着きを与え、異なる色使いの場合は活動的で新鮮な雰囲気になるでしょう。
ここの色の選択で、随分お部屋のイメージが変わるので、しっかり計画を立てて下さいね(^^)

●アクセントカラー(部屋全体の5% クッションやその他小物類)
部屋のアクセントとなる色です。
センスが光る場所となります。
腕の見せ所ですよ〜(^o^)/

皆さんのお家のカラーバランス イケてますか〜❓(笑)

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top