株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

おもちゃ箱のようなかわいい子供部屋のインテリアは日本人向きじゃない!?

おもちゃ箱のようなかわいい子供部屋のインテリアは日本人向きじゃない!?

海外のインテリア本を見てみると、子供部屋って本当に可愛らしくコーディネートされていますよね~(^^)
POPな色使いで、まるでおもちゃのようなインテリアです♪

憧れる方も多くおられると思いますが、本当にこのインテリアでよいのでしょうか?

子供たちは小学校高学年くらいになると勉強の量が増え 机に向かう時間も多くなります。
その上、心理面でも成長が著しく子供扱いをされるのを極端に嫌がる子もいるようです。

確かに、幼いうちはこのような可愛らしいインテリアを喜んでくれるかもしれません。
ですが、お子たちが大きくなって高校生になったときも同じインテリアを喜んでくれるでしょうか?

アメリカ人の友達がいうには、アメリカでは日本人よりも多く「引っ越し」をするそうです。
その都度 インテリアを考えることができるので、将来のことより今の環境に合わせたインテリアにすると聞きました。
日本人と少し状況が違うようですね。

子供部屋は、子供の成長に合わせてインテリアを変えた方がbetterです。
永く住む予定のお家なら、子供たちが大きくなった時のことも考えて、インテリアを考えてあげましょう( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top