株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

建具と家具の色は合わせるほうが他のインテリアが引き立ちます

建具と家具の色は合わせるほうが他のインテリアが引き立ちます

「建具と家具の色は合わせる方がいい?」
と多くの方からよく尋ねられます。

プロが初めからインテリアの計画に参加することができるならば、この答えは
「Yes!」です。
建具と家具の色は合わせた方がいいと思います。

同じ木目であっても、ナチュラル色とダークブラウンの組み合わせは、私ならまず避ける方向で考えます。
建具や家具の色はベースとなる色なので、すべて違う色というのはおすすめしません。
ベースとなる色は1色にするほうが統一感がうまれ、ほかのインテリの色を引き立ててくれます。

色でインパクトをつけるなら、アクセントカラーとしてファブリックや小物で考えた方がおしゃれ度が増します♪

お部屋のイメージづくりは、色ばかりでなく家具のデザインにこだわるのも1つの方法です♪ヽ(´▽`)/

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top