株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

負担がかからないキッチンの高さの決め方

負担がかからないキッチンの高さの決め方

キッチンの高さは、造作ならミリ単位で作ることができますが、メーカー品のキッチンなら、80㌢・85㌢・90㌢というように、5㌢刻みで用意されているのがほとんどです。

どの高さを選ぶかは、実際、ショールームへ足を運び、体感してみることが一番のおすすめです。
その場合は、家での環境になるべく近づけて体感してください。
スリッパやキッチンマットの有無を考えに入れて、微妙な高さの違いにも気を配ってくださいね。

一見、高いほうが使い勝手がよさそうな気もしますが、力を入れて切る場合の包丁とまな板そして肘の位置関係や、五徳の上に乗ったフライパンの手持ちの位置など十分確認してみましょう。

一方、以下の計算式でも大体の高さを知ることができます。
〈伸長㌢÷2+5~10㌢〉の数式で高さを出してみてください。

低すぎると腰に負担、高すぎると肩に負担がかかります。

皆さんの自宅のキッチンはいかがでしょうか~♪ヽ(´▽`)/

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top