株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

アクセントクロスの「柄の選び方」と「効果的な施工壁」

アクセントクロスの「柄の選び方」と「効果的な施工壁」

アクセントクロスとは、部屋の4面ある壁のうち、1面だけクロス(壁紙)の色やテクスチャーを変えることです。
非常にメリハリの効いた奥行き感が味わえるので、お部屋の演出にはお勧めのインテリアの1つです。

クロスは、柄の有無がありますが

  •  飽きがこないものを選ぶとすれば 柄なし
  •  個性的な感じに仕上げたいなら 柄あり

がよいでしょう♪

色選びは大切で、イメージがガラッとかわってしまいます。
できれば、インテリアコーディネーターやカラーコーディネーターなどの専門家に相談されることをおすすめします。

施工場所は、部屋に入った正面壁、次に部屋に入った右側の壁がおすすめです。
人の目に入ってくる順番は【正面 → 右面 → 左面 → 天井 → 床】だと言われているからです。
アクセントクロスは、その名の通りアクセントとなるクロスなので一番目立つ場所に施工することがおすすめです。

検討してみてください~♪ヽ(´▽`)/♡

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top