株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

あがり症の方は興奮色の赤色に気を付けましょう

あがり症の方は興奮色の赤色に気を付けましょう

歌手や俳優さんでも緊張することがあるのですから、一般の人が人前でしゃべるようなことがあれば緊張するのも当たり前ですよね~(*^o^*)

大きなステージに立ったり、TVに出演する機会はそうそうあることではないですが、ある程度の人数を前にして話をすることは、何度か経験された方も多いと思います。

その時の緊張度は、いかがなものだったでしょう?(^w^)
そんな緊張を、色使って緩和できる方法をお伝えしましょう。

それは「赤色を視界に入れないようにする」です。

「赤」はとても刺激的な色で、見たり感じたりするだけで動悸が増すからです。

劇場などに行くと、レッドカーペットが敷かれますよね。あれは、これから劇場で演じられる非日常的な夢の世界を体感する前に、先に「赤」を視界に入れて、ドキドキ感を高めさせ少し興奮した状態で観劇できるようになっています~♪ヽ(´▽`)/

そんな刺激色の赤色は、あがり症さんには不向きな色です(^o^)
ドキドキが増しちゃうので、見ないように気を付けて下さいね~(^.^)

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top