株式会社COLORHOUSE

株式会社COLORHOUSE

「虹は7色」て本当?誰が決めたの?

「虹は7色」て本当?誰が決めたの?

そもそも、誰が「虹は7色だ」と言ったのか…

それは、「万有引力の法則」で有名なニュートンが言い出したことでした。
ニュートンは、太陽光をプリズムに通して光の分解実験を行いました。

その結果、光は波長の異なる色光で構成されていることを発見します。

この、波長の異なる色光が虹の正体で、専門的にはスペクトルと呼ばれます。
ニュートンは、波長の異なる色光は、全部で7色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)であるとしたのです。

でも「虹は7色」としない国もあるとか…。

例えば、青と藍の区別がないから全6色とか、さらに赤と橙も同じ色の括りにしてしまって全5色とか…
実際、虹を見てみると、7色のような6色のような…(笑)
見る人の感性で違って見えますよね~(^w^)

いつのまにか「虹は7色」という概念が植え付けられていますよね!!
皆さんの感性はいかがですか~?♪ヽ(´▽`)/

The following two tabs change content below.
廣田リカ
工務店やハウスメーカーでは見られない、ユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意としているインテリアプランナー。大学・専門学校での講師も10年間歴任、メディア掲載実績も持つ。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ

続きを読む
Return Top