コンロの幅 60㎝と75㎝ どっちが便利?

キッチン

キッチンコンロは、「60cm」と「75cm」の幅の違うコンロがあります。
それぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。

60cmは、鍋などをコンロに置いたときに、間隔が狭くて鍋同士が干渉し合い、コンロ中心に置けない場合があります。
また、調理中の鍋を一時的に置いておくスペースが天板にないため、別に鍋敷きを用意してその上で休めなければいけません。

反対に、天板が小さいので、キッチンの調理スペースは広く確保できます。
調理スペースが広いと、食事準備もしやすいですし家族分の盛り付けもスムーズにできますね。

75cmは60cmと逆で、コンロの間隔は少し余裕があります。
鍋同士干渉することも少ないですし、鍋敷き代わりに天板上に鍋を置くこともできます。

反面、天板が広いので調理スペースが狭くなります。
大家族の準備には、少し不便かもしれませんね。

悩まれてる皆様 参考にしてみてください。

関連記事一覧