COLOR HOUSE
Blog
               
ブログ
「青二才」の「青色」にはどんな意味があるのでしょうか
2019年9月18日

「青二才」とは、「若くて経験の足りない男の人の事」をいいます。

・まだまだ青二才なのでご指導の程よろしくおねがいいたします!
とか
・この青二才がなにを言うか!
など、謙遜や上下間で注意されたりするときに使いますよね。

「青二才」を「青」と「二才」に分けて考えてみましょう。

「青」は「青春」という言葉にも使われていますが、意味は
・子供から大人へ成長していく中で、これからの夢・憧れ・希望があふれている時代のこと

・それでもまだ精神的に未熟さがある
の2つの意味が重なっています。
「青」はその「未熟さ」を指していて、
例えば、まだ熟していない野菜や果物のことを「青い」と表現することからも理解できますね。

一方何故「二才」と続いているのか…。
中国語や日本古語からの由来、などと諸説あるようですが、どちらにしてもやはり意味は「幼い」となるようです。

「青二才」という表現は、男子だけに使われる「謙遜」や 時に「嘲る」場面で使われる慣用句です。