「好きな色」は「似合う色」とは限らない

カラーコーディネート

「好きな色」からその方の性格を垣間見ることができます。

例えば…
・赤が好きなら、喜怒哀楽が激しい・行動派・楽天主義
・黄色が好きなら、好奇心旺盛・人情家・社交的
・青が好きなら、知的、頑固
・紫が好きなら、芸術的・個性的・霊感あり
などなど…

洋服を選ぶときは、時に「好きな色」に偏りがちですが、
「好きな色」が、必ずしも「似合う色」とは限りません。

「似合う色」は、肌の色を構成するカロチン、メラニン、ヘモグロビンの割合によって、肌色を分析して決定されます。
これが「パーソナルカラー」と言われるものです。

似合わない色を合わせると、
・肌の色をくすませ
・目の輝きもなくなって
・びっくりするくらい不健康
に見させてしまいます。

自分に似合う色は、その選択色を間違えないだけで
・肌にツヤ感をだし
・目力強
・健康で生き生きと
より魅力的な自分を演出してくれるのです。

「好きな色」は心理面で満足し、「似合う色」はあなたの魅力を引き出してくれます。

「好きな色」と「似合う色」の使い分け、大切です。

関連記事一覧