建具のノブはレバーハンドル?それとも丸ノブ?

家具・アイテム

建具(部屋の扉)の取っ手は、使い勝手の良さから考えるとレバーハンドルがおすすめです。
高齢者や子供には、握って回す丸ノブより水平に押し下げて操作できるレバーハンドルの方が、容易にできます。

昔の握り玉はシルバー色で、それが可愛くないから布製やレースの「ノブカバー」などをかぶせて装飾していました。
でもこれ、握力の下がった高齢者の方にとってはつるつる滑って、余計ドアの開閉が難しくなり、特におトイレ時に間に合わなくなって…ということもあるんです。

このように考えると、今はどの分譲マンションも戸建て住宅も、建具の取っ手はレバーハンドルになってるんですね。

そんな中、実は私、丸ノブが大好きです(笑)
写真のような繊細な感じの丸ノブ、素敵じゃないですか?

このノブに手を合わせ「きゅっ」と回して…
ドアをそーーっと開けると…
夢のようなインテリア空間が広がって…

なんて(笑)

小さな取っ手やハンドルまでこだわったそんなインテリア空間が大好きです。

内装・インテリアデザインのことなら

インテリアデザイナー・建築士・AFT1級色彩コーディネーターの代表廣田が設計から納品までを一貫して担当します。
住宅、店舗のデザイン・施工はお任せ下さい。

サービス詳細

関連記事一覧