お料理を美味しく見せるには照明色にこだわってみる

キッチン

たとえチンして作った殺風景なおかずでも、こうすればとっても美味しそうなお料理に大変身しまーす♪ヽ(´▽`)/

食卓の照明色を「白熱色」にする!
です♪

照明色には、白熱色・昼白色・昼光色という3色があります。
お店で売られている照明の外箱には、必ず記載があるので注意してみてみてくださいね。

それぞれの照明色のイメージはこんな感じです。

  • 白熱色はオレンジみを含んだ柔らかい光色
  • 昼光色は太陽の光に似た元気をもらえる光色
  • 昼光色は青みを含んだ明るめの光色

中でも白熱色は、特徴であるオレンジみの光がお皿の上の食材に赤みを上乗せさせ、色鮮やかにお料理を一層美味しそうに見せてくれるのです♪
特に、食欲を促す赤が鮮やかに見えて、心理的にも効果があるんですよ~(^w^)

その上、陰影がでるのでお料理を立体的に見せたり、使用する食器によってはキラキラ感も楽しめます~♪ヽ(´▽`)/

皆さんの食卓の照明は何色ですか?
チェックプリーズ!

関連記事一覧