「日本人の肌の色」と「和室」の関係 【Relationship between “Japanese skin color” and “Japanese-style rooms”】

カラーコーディネート

筋肉の弛緩率を表す値に
「ライトトーナス値」
と呼ばれるものがあります。
人が「色」を感じるとき、「目」で見るだけでなく「肌」でも感じることができると証明する値です。

筋肉が、もっとも弛緩した状態の数値は「23」で、色彩でいうとパステルカラーやベージュ系の中間色になりリラックス状態が築ける色です。
因みに、最も緊張する色は赤などの暖色系で、「42」まで上がります。

弛緩率「23」の「ベージュ」は、ほぼ和室に展開される材料の色を指し、「日本人の肌の色」と近似色になります。
なので、「日本人が和室に居る」という行為自体、筋肉に緊張を与えず本当にリラックスできている状態といえます。

和室離れがみられる昨今、日本の文化を残したインテリアを残していきたいですね。

There is a laxity value of muscles, called the “Light Tonus Value”
It’s a value which proves that we can see color with not only our “eyes”, but also our “skin” when people feel “color”.
The most relaxed level for muscles is “23”, and this is a neutral color like pastel or beige which can keep a relaxed condition.
Incidentally, the most stressful color are warm colors such as red, and the value will increase to “42”.
“Beige”, with a relaxation rate of “23”, is equal to a color used for the materials of a general Japanese-style room. It’s an approximate color for “Japanese skin”.
Therefore, the act of “Being in a Japanese-style room” itself can be said to be a very relaxing state with no stress to the muscles.
Recently we can see Japanese people’s lack of interest in Japanese-style rooms, so I would like to make interior designs that retain Japanese culture.

関連記事一覧